HOME>特集>安定した老後を送るためには自分でお金を増やす努力も必要

3つに別ける

電卓とお金

安定した老後を守るためにも資産運用が重要だとよく聞くけど、資産運用をするのにどのくらいの費用・資金が必要なのかと思う人もいるでしょう。まず資産運用をする前に重要なことが、お金を三つに分けるということです。今持っているお金を、5年以内に使う資金、もしものための資金、将来のための資金の3つに分けます。5年以内に使う資金とは、家賃や食費など生活のために使う資金のことです。もしもの為の資金とは病気や失業などに備えるお金のことで、将来のためのお金はすぐには使わないお金です。そして、資産運用に使うのは将来のための資金として残ったお金です。

分散か一括か

為替

投資をするときに悩むのが、一括で投資をするのか、それとも複数回に分けて分散投資をするのかという点です。短期的に値上がりをする投資なら一括投資のほうが短期間で利益が出る可能性があります。しかし、一括で投資すると、逆に値下がりをした場合には大損することとなり、このことを考えれば分散投資の方が低リスクです。どちらが良いとは一概には言えませんが、資産運用になれている人なら一括投資、資産運用は初めてという人なら分散投資が良いでしょう。各金融商品、投資先によっては、手数料などの費用が発生することもあります。初めて投資する場合にはしっかりと勉強し、安全性を重視した運用をすることをオススメします。

広告募集中